東京文具工業健康保険組合

東京文具工業健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

個人情報保護について

個人情報保護に関する基本方針(プライバシーポリシー)

東京文具工業健康保険組合(以下、「組合」という。)は、加入者の氏名、住所、性別、生年月日、電話番号などのほか、適用関係情報(資格の得喪、標準報酬情報連絡等)、現金給付関係情報(埋葬料・出産育児一時金・出産手当金・傷病手当金等、一部負担還元金等付加給付を含む。)、レセプト関係情報(医療費・受診・治療情報等)、健康診査関係情報連絡(健診データ等)、健康管理に関する情報(保健施設利用情報・組合行事関連情報)などの個人情報(特定の個人を識別できる情報)について、以下の方針で取扱います。

個人情報の管理

  • (1)個人情報の保護に関する組合の「個人情報保護管理規程」を改定するとともに、個人情報保護法及び関係する法令等を遵守します。

  • (2)組合は、個人情報に関する個人の権利を尊重し、自己の個人情報に対する問い合わせ並びに開示、訂正、削除を求められたときは、健康保険法等の法令並びに個人情報保護管理規程等に従い、対応いたします。

  • (3)次のような適正な管理を行うことで、常に個人情報の保護に努めます。

    • 個人情報保護取扱責任者の選任による責任の所在の明確化
    • 個人情報の漏えい、破壊、紛失、改ざん、誤用等を防止するための厳重なセキュリティー対策の実施
    • 完全な環境下で管理するための個人情報データベースへのアクセス制限の実施
    • 個人情報の保護についての職員教育の徹底
  • (4)組合は個人情報の収集にあたり、健康保険法の法令等で収集が義務付けられている場合を除き、加入者に対し、収集目的を明らかにし、収集した個人情報は、利用目的の範囲のみで使用し、利用目的を遂行するために業務を委託する場合を除き、第三者に提供はいたしません。また、個人番号については、番号法で定められた利用範囲において特定した利用目的でのみ利用いたします。

  • (5)組合は、あらかじめ加入者の事前の同意を得た場合を除き、加入者の個人情報を第三者に提供いたしません。また、個人番号をその内容に含む個人情報(以下、「特定個人情報」という。)については、本人の同意有無にかかわらず、番号法に定める場合を除き、提供致しません。ただし、特定個人情報でない個人情報について、次の各号に該当する場合は、加入者の事前の同意を得ることなく、加入者の個人情報を第三者に提供することがあります。

    • 法令の定めに基づく場合
    • 人の生命、身体又は財産の保護のために必要であって、加入者の同意を得ることが困難である場合
    • 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために必要であって、加入者の同意を得ることが困難である場合
    • 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、加入者の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
  • (6)組合が業務委託する場合については、より個人情報の保護に配慮したものに見直し・改善を図ります。業務委託契約を締結する際には、業務委託の相手としての適格性を十分審査するとともに、契約書の内容についても、より個人情報の保護に配慮したものとします。

  • (7)組合は、組合の個人情報データベースに保管されている加入者の個人情報をできる限り正確、安全、最新に保つために、加入者からの請求により、速やかに訂正等を行います。

  • (8)個人情報の取扱い及び管理についてのお問い合わせは、次の記載の組合の窓口で受け付けます。

  • (9)組合は、加入者の個人情報の取扱いに関係する法令その他の規範を遵守するとともに、本個人情報保護ポリシーの内容を継続的に見直し、改善に努めます。


附  則
この方針は、平成28年3月1日から施行する。

健康保険組合が保有する個人情報の利用目的の公表について

ページ先頭へ戻る